条件に合った医療事務求人を探すコツを厳選紹介!

婦人

高時給な専門職

薬剤師の派遣は時給が高いです。人材が足りない職場に派遣されるということが理由で、時間の融通も正社員よりも効きます。中には残業が多い職場もありますが、短期間にしっかりと働いた後は、海外旅行に行くという楽しみも得られます。契約が終了しても、薬剤師は次の職場を探しやすいです。

男女

病院で事務職として働く

医療事務は、病院や医院などで受付や会計、文書管理等の事務を担当する仕事です。特別な資格は必要ありませんが、医療関連の知識が必要とされるため、求人市場では経験者が歓迎されます。ただし未経験者でもスクールなどで知識を身につけることが可能です。

医薬と白衣の人

高時給が魅力

薬剤師の中にはあえて正社員ではなく派遣を選ぶ人も少なくありません。日本では全体的に薬剤師の数が不足しているため高時給になることが多く、派遣であれば自分で働き方を選ぶことが出来るので子育てをしながらでも働くことが出来るということもあって派遣を選ぶ人が増えています。

病院

安定した仕事に就きたい

医療事務の求人では、経験の有無は評価されるが、資格の有無は問われないことが多いです。昨今、業務はほとんどコンピュータ化されているので、パソコン入力に慣れ笑顔で患者に接することができれば、安定した仕事として長く働けます。医療事務講座を受講し、その団体の派遣社員として病院で働くことも可能です。

人形

医療系の資格で働く

薬剤師は調剤薬局やドラッグストアなど働き口が多くあります。常勤で勤務するよりも、家庭とのバランスを優先しようとするのなら、薬剤師の派遣で仕事を探すのも良いでしょう。

仕事の探し方

女性

様々な方法があります

医療事務は事務職の中でも人気の職ですが、求人の探し方はいくつかの方法があります。まずは新聞広告や求人誌等で自分で探す方法です。病院等のHPにも採用情報が掲載されている場合もあります。次にハローワークで探す方法です。この2つは自分で探す事が基本となるのでタイミングも重要な上に、一人で探すには限界があります。医療事務の募集を探して連絡してみても既に募集が終わっていたという場合もあります。そこで多くの人に利用されている方法が求人サイトの利用です。求人サイトは様々な求人が一括で掲載されており、医療事務だけを絞って検索するなど求人を探しやすい形態となっています。勤務先の住所や勤務時間、または待遇で検索する事も可能です。また一般に公開されていないような求人もこのサイトであれば掲載されているケースもあり、情報を検索する価値は高いと言えます。これ以外には面接の対応のノウハウや履歴書・職務経歴書の記載方法についても掲載されており参考にする事が出来ます。このサイトのポイントは他に2つあり、1つは自分の情報を入力しておけば、医療事務の良い求人があった場合には簡単に申込が出来るという点です。個人であれば応募する上で電話をする、履歴書を郵送するなどの手間が発生しますが、サイトを利用すれば応募はネット上で簡単に行えます。またその後のやりとりもサイト上で行う事が出来ます。これ以外には自分のデータを登録しておく事で、人材紹介会社等から求人を紹介してもらえる場合もあります。このように求人サイトは様々な活用が出来る上に、豊富な情報量を持っており使い勝手が良いと言えます。